無料占いの成田山

無料占い パソコン(PC)

無料占いサイトマップ

無料占い

無料占い

この無料占いのサイトは、病気や事故などで生活が困窮し生きる希望が薄れかけている方々をどうにか救いたい!という強い思いにかられて立ち上げました。

あなたは何も考えずに自信の進む道を占いに頼っていませんか?
占いは統計学的要素が強いので当たる確立は高いのですがそれが真の解決にはなりません。
その前に悩みを解決し、幸せと成功をもたらすための心構えが必要です。

無料占いは、まず占いを希望される方の心構えが大切だと考えています。

無料占いに入る前に心構えをつちかっていきましょう。

悩み解決
悩みを解決する方法について詳しく述べています。この方法は無料占いでも取り入れていますので無料占いを受けられる方が予備知識として理解していただければ、より早く悩み解決の方向に向かいます。
幸せをもたらす法
特に心構えについて述べています。無料占いによる問題の早期解決のため大きな一助になるかと思います。
あなたの幸せ
心の持ちようについて述べています。無料占いでは、「空」と「有」について理解することが幸せになれるかなれないかの最大の分岐点になります。
苦集滅道
悩み苦しみの解決には仏教の教えが無料占いでは欠かせません。苦しみからの解放を説く苦集滅道について述べています。苦集滅道を理解されれば苦しみからの解放が半ば成就したようなものです。
八正道
八正道は見解、思考、言葉、行為、生活、記憶、瞑想の8つの正しい実践をしていれば間違いはないという教えで、無料占いでもこの仏教の教えを取り入れています。
感謝の手紙
無料占いを受けられて悩み苦しみから解放された皆さんからの感謝の手紙の一部を紹介します。この中にきっとあなたの悩み苦しみにあてはまる事例があるかもしれません。

悩み解決

プラス発想 幸せになり成功できるプラス発想です。
長所伸展法 ツキ(運) 長所伸展法でツキ(運)呼び込み人生を豊かにしましょう。
鏡の原理 人間関係を円満にする法が鏡の原理です。

幸せをもたらす法(基礎)

占い心理学的見地から 幸せになるための方法は、自分の願望や思いを鮮やかにイメージした上で、そのイメージしたものを言葉に置き換えてとなえるのを毎日する事です。
占いイメージ 幸せになる人もいれば不幸な人もいる事の唯一の理由はその両者の間ではイメージの刻印の仕方が違うということです。
意識 プラス意識思考をすること、ついてる人と付き合う、そして怒らず、悲しまず、恐れないということです。
ツキを呼ぶ方法 好きなものは自分にとってついているものなのでそれを伸ばす事で自分をついている状態に持っていくことができます。
鏡の原理 もっと相手のために慈悲の心で積極的に役に立てるように行動することが大事です。

幸せをもたらす法(応用)

占いと私 寺社仏閣本来の役割はお釈迦様の智慧に基づき人々が幸せになるように奉仕する事です。
 「縁」について一言であらわすと、この世のものはすべて実体がなく心のかかわりあいでできてるということです。
相手の幸せ この世の中は自分のかかわり方ひとつで幸せに生きる事ができるということです。

あなたの幸せ

心が幸せを作る 「空」と「有」の考えを持つことは絶対に必要といえます。
 この世のすべてのものはかかわり合いでできています。
心が作り出したもの 「唯識」が意味するのは、この世の中のすべての出来事はみな心が作り出したものであると言うことです。
顕在意識と潜在意識 私達の行動は多くの場合、潜在意識により大きな影響を受けています。
お経 「智慧」とは、宇宙の真理と一心同体になることを意味しています。
良い心 「空」と「有」について理解することが幸せになれるかなれないかの最大の分岐点になります。
心のもち方 「般若」とは智慧のことで、「波羅蜜多」が完成という意味なので「般若波羅蜜多」で智慧の完成の意味です。
幸せを与える 相手に幸せを与え、苦しみを抜くことを合わせて「慈悲」と呼びます。
お釈迦様の智慧 因、行、証、入の4つのステップを踏んで悟りに到達します。
悟りの世界 8つの苦しみをまとめて「四苦八苦」と呼びます。
お経 布施、自戒、忍辱、精進、禅定、智慧の6つが六波羅蜜です。
釈迦の教え 仏とは亡くなった人をいうのではなく、悟られる人をいいます。

苦集滅道

苦集滅道 仏教の本質とは、「苦しみからの解放」です。
苦集滅道 苦
 「心がすべてを作っている」状態を仏教用語で「唯識(ゆいしき)」といいます。
阿頼耶識(あらやしき) 第八阿頼耶識(あらやしき)を善の種で満たすことが出来れば非常にいい世界が私達の前に開かれます。
苦集滅道 滅 貪瞋癡(とんじんち)が原因であり、四苦八苦が結果です。
苦しみから解放されるためには 貪瞋癡ではない方向を目指せばよいのであり、それが悟りへ向かう為のチャンスなのです。
「道」とはなにか 心のどこかで悩んでいることは智慧さえ分かれば、必ずどこかに飛んでいってしまいます。
八正道を正しく実践する 八正道とは、この世が「空」であると言うことが分かった人が幸せになるための実践の展開であると言えます。
「波羅蜜」とはなにか 生きている限りにおいては幸せになるということを追求していくことが大切です。
「輪廻」とは何か 次も必ず生まれ変わるという考え方が輪廻なのです。
人生に対しての心構えを持つ 大切なのは、どんなときにも動揺しないだけの豊かな環境を自分の周りに作り上げておくことなのです。
貪瞋癡(とんじんち)とは何か 貪はむさぼりの欲望、瞋(じん)は怒りの欲望、癡はなまける欲望それらをあわせて貪瞋癡といい総称して煩悩といいます。
苦集滅道 釈迦の言葉 全ての釈迦の知恵が般若心経の中に入っているのです。
苦集滅道 摩訶般若波羅蜜多心経 摩訶般若波羅蜜多心経の語源は古代インド語で、摩訶はマカー(偉大な)、般若はパーニャ(その通りに理解する)、波羅蜜多はパーラミター(完成)なのです。
苦集滅道 凡夫と菩薩と仏 道徳的なことをよりどころにして動いているのが凡夫、豊かな安心の世界に到達することを願って修行しているのが菩薩、悟りを開いたのが仏なのです。
苦集滅道 六波羅蜜の実践 六波羅蜜をすれば一切の苦しみ悩みを無くすための空が分かります。

八正道

八正道 八正道は実践をしていれば絶対に間違えないという智慧なのです。
八正道 問題に直面 問題が発生したら迷わず八正道で展開すれば、必ず豊かな世界に到達できます。
八正道 大病 大病になる前に八正道の実践に気が付かないといけません。
八正道 煩悩 「貪」「瞋」「癡」というものによって、この世の中に我欲を流しています。
八正道 無始 宇宙開闢以来の始めが無いことを無始といいます。
八正道 空 人間の心の本質は「貪・瞋・癡」で世の中全てのものに実態がないという法則、それが「空」です。
八正道 四苦八苦 「貪・瞋・癡」が生み出しているものが「四苦八苦」です。
人生に関わる八大分野について 結婚、仕事、経済、家庭、社会、人格、教育、遊びこの8つが人生に関わる八大分野というものです。
無明(むみょう)とは 無明(むみょう)とは、人間の心の中にある一切の煩悩の根源、迷いをいいます。
聖なる真理 中道は、真理を見る目を生じ、真理を知る知を生じ、心の静けさ、すぐれた智慧、正しい悟り、涅槃へと導く。
思考の停止 私達は思考の停止により真理を知らないのです。
負の原因 苦の根源は煩悩や執着や妄執、欲望であることが苦の原因の真理である。
執着 苦の原因は欲望への執着です。
人の弱さ 人間は弱く迷うものだから信心が必要なのです。
悟りへの到達 縁というものはとれないということをまず覚えてください。
八正道 因果関係 十二縁とは私達が過去(前世)・現在(現世)・未来(来世)の三界を輪廻(りんね)するようすを説明した十二の因果関係のことです。
八正道 恐怖心 死の恐怖心は誰しもが持っていますが八正道で死ぬか「貪」「瞋」「癡」で死ぬかということです。
八正道 悩み 八正道を実践し私達の「悪い部分」の心を攻撃することで悩み苦しみから救われます。
大事という言葉 「大事」という言葉は、仏教の中で使われており、さまざまな仏様が私達を救済するために出現することです。
在家仏教徒 在家仏教徒にとって無苦集滅道は貪瞋癡を滅しないで、八正道の協力者にしなさいということをいっています。
八正道 会得 大切なのは考えることから会得する事です。
八正道 縁 縁の法則は=(イコール)空ということを信じるという事につながります。
八正道 悪見 悪見とは悪い見方で煩悩のひとつで、願い事を強く思い定めて、誠の道理を知らない心のことを言います。
八正道 富 富というものは、ある行動をした時に一緒についてくる進行形みたいなものです。
八正道 慈悲 慈悲の心というのは、相手の身になる考え方なのです。慈というのは相手の幸福を願うこと悲というのは相手の苦をぬくことです。
八正道 悪い心 良い事を持続しようとすること、良い事を早くしようとすることをしないと、心は悪い事を考える。
八正道 自分の心 この世は空であるという事を忘れない事なのです。
八正道 嘘や陰口 言葉のよる悪い行いを止めて、言葉によって善行をすることが一生の授業なのです。
八正道 3つの行為 心での行為、言葉での行為、正しい身体的な行為(正業)の3つの行為があります。
八正道 実践 ブッタの教えは、それがシステム化されてますから私共が実践することができるのです。
八正道 環境 空というのは、だんだん実力が付いてくると、だんだん空は有(う)になっていきます。
八正道 5S運動 整理、整頓、清潔、清掃、しつけ、の5S運動は正命なのです。
八正道 努力 四つの実践について積み重ねの努力が正しい努力なのです。
八正道 正念(しょうねん) 同じ失敗は2度しないということが正念です。
八正道 瞑想 正しい瞑想とは心を空にする事(無我の気持ち)である。瞑想というのは八正道をするという事です。
八正道 心 瞑想による統一された心で智慧が会得できます
八正道 誘惑 悪魔の誘惑は貪瞋癡(とんじんち)です。
八正道 問題 考えながら良く生きれば未来が開けてきます。
八正道 輪廻 死んだら生きていたときの行いによって輪廻転生にあいます。今を正しく生きればいいのです。
八正道 心の乱れ 展開、思考、言葉、行為、生活、努力、意識、心、この八つの正しい道が八正道で乱れない正しい心が大切です。
八正道 原因 全ての原因は我に在りとされ、見解、思考、言葉、行為、生活、記憶、瞑想を正しく行う方だけが八正道を使えるのです。

感謝の手紙

感謝の手紙 恋愛
34歳女性 今までの人生で初めて自分を愛してくれる人に出会いました。
感謝の手紙 夫婦
26歳女性 私は次第に夫のいい所をちゃんと見れるようになり、こんなにいい人だったんだと思えるようになりました。
33歳女性 私は就職先を見つけ、主人も安定した職場に就職する事が出来ました。
41歳女性 夫の行動(アル中、暴言、暴れるなど)の解決の糸口がみつかり、やっと納得のいく解答が得られました。
感謝の手紙 不運
35歳男性 今までの様に変な者におびえなくてもよくなって心境は落ち着いていると思います。
39歳女性 前向きに頑張って行こうと思えるようになりました。
46歳男性 苦しかった自分自身の環境から抜け出ました。
20代女性 家族が本当の意味で仲良くなりつつあること、家族の時間を大切にするようになったこと、また私自身が落ち込んで立ち直りがはやくなりました。
感謝の手紙 仕事
女性 突然転職の話が舞い込み、無料占いの先生のアドバイス通り11月より地元秋田の病院で勤務することができました。
58歳男性 今までは、自分のことで精一杯だったが、部下の育成を真剣に考えるようになりました。
感謝の手紙 病気
32歳女性 フラフラして人ごみには行けず長い事歩くことをためらってる私がウソのように歩く事が出来るように。
32歳男性 だるくて寝ても寝ても起きることができなかった体調も位べられない程良くなっていきました。
35才女性 薬を飲まずには、頭を上げていられなかった首も良くなって、薬を飲む事もなくなってきました。
57歳女性 幻覚などはほとんどなく、見えてもお経を読み、おだやかに過ごせるようにまで回復したのです。
61歳女性 アルコール依存症だった主人もバカ飲みはなく気持ちも大分落ち着いて休肝日を作り自分なりにひかえています。
感謝の手紙 子供
11歳子供 以前の娘は自己中心的で気が強くケンカをしても謝らない子なのに、今は他人の事を考えられるようになったと言うのです。

無料占いに関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所:〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号:(022)225-8640
メール:naritasan@sikaku.ne.jp

ページTOPに戻る